ビジ力(ビジネス力)ノウハウ

仕事で失敗する事は、大小関係なく言うならば、誰にでもあります。

その時に、どこでの失敗が重要になります。

良くあるパターンとして、一生懸命頑張ったのに、最後の詰めが甘くて、最後の最後で失敗してしまったという場合。

また、途中は、失敗だらけだったけど、最後の最後でしっかりと仕上げた場合。

どちらの方が、仕事としての評価がもらえるでしょうか?

ほとんどの場合、後者になります。

なぜならが、最終的に求められる仕事を仕上げたかどうかになるからですね。

後者の場合は、失敗しているのに、最後には「よく頑張ったな」と言われる光景も見受けられます。

前者は、「よく頑張ったけど、すべてが台無しだ」と言われる光景も見ます。

失敗の数は、前者の方は、1回で、後者の方は、数回起こしているかも知れません。

でも、後者の方が評価される。

このように、失敗にも重要度というものがあるわけなので、それがわかっていると、どこに意識やエネルギーを注げば良いかを戦略的に考えて仕事をすることが出来ます。

効率的に仕事をするという意味でも重要なことです。

一生懸命頑張れば、最後の最後で気が抜けて、詰めが甘くなることがあります。

どこで手を抜いて、どこで手を抜かないかという緩急を考えて仕事をしてみて下さい。

 

福岡のビジネスセミナー講座