ビジ力(ビジネス力)ノウハウ

すべては、GAPが生み出す。

仕事力を高めて自己成長するのも、仕事で不満を言ってやりがいがなくなっていくのも、すべてGAPが生み出します。

どういう事かというと、

例えば、転職して入ってきた人が言われる言葉に「前の会社は、こうだった」「前の会社ではココまではやる必要がなった」と不満を言って、馴染めずに辞めてしまったり。

これってGAPが生み出しているということにお気づきでしょうか?

前の会社とのGAPです。

このGAPを感じることで、不満になったり、やる気を無くしたりしてしまっているわけです。

おわかりでしょうか?

でも、よ~く考えてみて下さい。前の会社がこうだったといっても、全く意味がないということを。

今の会社は、前の会社と同じようにする必要があるのでしょうか?前の会社が世界標準のスタンダードなのでしょうか?

そんな事はありませんよね。別の会社なのですから。違うのが当たり前。当然なんですね。

日本からアメリカに行って、なんで日本語でしゃべらないんだ!と不満を言っているようなものです。

全く、意味がない比較をして、自分で嫌な気持ちになったり、やる気をなくすよな事をしているわけです。

では、デキル人は、どうしているかということ・・・

入社して、前の会社とのGAPを把握します。

そして、前の会社との違いを認識(受け入れる)することで、そのGAPを埋めようと努力します。

つまり、まずは入社した会社に合わせようと努力するわけです。

そして、ある程度、その会社のやり方を理解し、仕事に慣れてきたら、以前の会社でやっていた方で良かった事を取り入れようとします。

その時に、今の会社での人間関係も構築出来ているので、そうった提案も受けいれてくれやすくなっています。

そうやって、自分が仕事がしやすい状況を作り出しているわけです。

この人は、どちらの会社でも通用する人材になっているので、当然仕事力も高いということになります。自己成長しているということになります。

これもまたGAPが生み出したものです。

これは、転職での事例ですが、普段の仕事の中で、うまく行かないとか、イライラしたり、不満になったり、不安になったり、やる気が無くなったりしている時は、このGAPが原因であることがほとんどです。

一度、振り返ってみて下さい。

そして、これからは、このGAPを先ほどのデキル人のように、活用していくことです。

客観的にGAPを把握し、そのGAPを埋めるための行動をする。それが自己成長につながります。

福岡のビジネスセミナー講座