ビジ力(ビジネス力)ノウハウ

コンサルティングで企業様の支援をするときに、最終的に何を求められるかというと・・・

具現化です。

もし、コンサルタントにアドバイスを求めても、曖昧な返事や漠然として回答しかしなかったら、企業様は、このコンサルタントを信用してくれるでしょうか?

頼んで良かったと言ってくれるでしょうか?

仮に、信用信頼が得ているとしても、そのアドバイスを聞いて、具体的に行動に移していくことが出来るでしょうか?

おそらく曖昧や漠然とした回答なので、行動に移しにくく、結局やらないとか、「で具体的にどうすればいいんですか?」と質問したくなるはずです。

求められるものは具現化力です。

最終的な仕事の成果は、行動によって生み出されます。

行動するためには、具体的にどのようにするのかが明確である必要があります。

会社では、一人で仕事をするわけではなく、チームや全体で同じ方向に向かって行動する必要があります。なので、曖昧表現や漠然とした指示であれば、バラバラになってしまいます。

自分自身が仕事をする上でも、曖昧になっている事は、なかなか行動できなかったり、行動しにくかったりしているはずです。

何度もやったことがある仕事は、具体的になっているので、行動しやすいし、行動や作業も速いと思います。

しかし、初めてやる仕事は、わからないことが多い、つまり曖昧なので、行動しにくかったり、行動や作業が遅くなっています。

つまり、仕事で、成果や時間、余裕を生み出すには、具現化力が必要だという事です。

具現化するのが、苦手。考えるのが苦手。具現化すると、現実的な感じがしてやる気がなくなる。などと言われる人が結構います。

いつまでもそういっていても何も現実は変わりません。

でも、この具現化力を身に付ける過程は、そういった気持ちになっても、それを続けて、具現化力を身に付けると、具現化するのが楽しく、面白く、モチベーションも上がっていきます。

なぜなら、成果や時間、余裕が生まれるからです。充実感も・・・幸せ感も・・・

どこに意識を向けて、具現化力に取り組むかも大事ですね。

今の苦手意識だけに意識を向けるか?、その先にある未来に意識を向けるか?

あなたは、どちらに意識を向けますか?

 

 

動画セミナー時短の仕事術×学習術×集中力

福岡のビジネスセミナー講座