ビジ力(ビジネス力)ノウハウ

時間管理や生産性向上など、色々と旬なテーマでもありますが、本来、正しい仕事の仕方というものをやっていくと、時間や余裕を生み出すことが出来ます。

特別な事をやるのではなく、正しい仕事の仕方をすれば良いわけなのですが、この正しい仕事の仕方という事をそもそも社会人1年目の時に、学んでいない、もしく教えてもらったけど、定着させなかったという事が、のちのちのなって、時間がないとか生産性が上がらないということが起こっているのがほとんどです。

一度、自分の仕事のスタイルを作ってしまうと、なかなかそれを変えるのに抵抗が生まれます。例えそれが非効率なやり方だったとしても、慣れてない新しいやり方をする方が、非効率な感じがして、またもとのやり方をしてしまいます。

なので、社会人1年生には、最初に正しい仕事の仕方を徹底的に身につけておくことが、強くお勧めします。これからの人生を大きく左右することになるからですね。

新入社員を迎える立場にいる人たちは、社会人1年生は、先輩の仕事の仕方を見て学びます。間違っている仕事をやっていると、それが1年生に伝染していきます。

それが、その1年生のこれからの人生を左右することなります。

どうでしょうか?

皆さんの仕事は、正しい仕事の仕方になっているでしょうか?

もし、自信がないという方は、今一度、自分の仕事の仕方を見直してみて下さい。今更ということを思うかも知れませんが、社会人1年目の教科書を読んでみるのも良いと思います。

 

福岡のビジネスセミナー講座